technology

re:Inventで世界一周

Merry Christmas! こんにちは、hiroramosことHiromi Itoです。
これは「AWS re:invent 2018 Advent Calendar 2018」24日目のブログになります。毎年この時期になるとAdvent Calendarなるものがあちらこちらで出現し、ブログが苦手な私もこの時期ばかりは参戦したりします。
その度に、過去のブログアカウント(死んだアカウントたち)を掘り起こす作業をしては結局新しい環境を作りまた死にそうなアカウントを増やしてはゴミを作り続けてます。
でも、それも今回でサヨナラとします。

何の爪痕が残せるのか?!

私はAWSのユーザーグループの運営に携わるようになって約5年。re:Inventに行くことは憧れでした。インフラ系ではない会社に勤めながらも、JAWS-UG関西女子会の立ち上げや全国イベントの運営を中心となって行ってきました。中でも今年はJAWS DAYSの実行委員長を勤めたり、APACとの関係性を深めるためタイでのミートアップやベトナムでのCommunity Dayなどコミュニティリーダーとして参加するなど刺激的かつ自分が成長する機会に非常に恵まれました。
そんな中、念願叶ってre:Inventに参加することになり、これまでの体験や経験を活かし、より多くのユーザーとつながるチャンスをいただきました。
そう、それは日本代表で「AWS User Group Leader re:InventPrivate Event Workshop & Networking Mixer」のコンテンツ「UG Leader lightningtalks」でスピーチをする機会をいただきました。もちろん英語です。
英語は旅行に困らないレベル程度で大の苦手としてますが、これまで、そして今年活動してきたことの集大成!気合い以上に練習を重ねて挑みました。

ラスベガスは巨大な健康ランド

私は大の旅好きです。できることなら旅は完全なるプライベートで行きたい派です。PCなんか持って行きたくない性分です。が、今回ばかしはそんなことも行ってられません。しかし、大の旅好き。さらにおそらくプライベートでラスベガスはなかなか行かない土地。re:Inventだけを楽しむなんてもったいない!行くからにはその土地を満喫して帰るぞ!ということで、旅友のおかげでネバダ州・カリフォルニア州入り口・アリゾナ州入り口、乾いた山々のどこまでも続く道、パルプフィクションを思い描くダイナー、VIVA! Americanなところを本編スタート日より3日早入りをして満喫しまくりました。4日目以降はキラキラ輝く巨大建造物と欲望が元気に渦巻く街の中で暮らすわけですが、空港到着時から薄々感じていた健康ランド感は街中で感じてしまいました(完全個人の感想)

スピーチは中日の夜(何ならイベント後半)

週の頭から本編スタート。世界中のユーザーグループ同士でシフト制を組みながらGrobal User ブースを交代で担当するなど、セッション以外にもコミュニティリーダーとしての活動を行いました。空いた時間は、セッションなど予約を行い慌ただしく予定を入れてました。が、予定通りいかないものです。
自分がスピーチするまで気が気でない。気もそぞろ・・・
今回のre:Inventで「世界一周」を目標、つまり世界中の人と繋がり関係性を築きたいとしている私としては、ブース当番は積極的にこなすものの、セッションなどに関してはスピーチが終わるまで多くは参加せず空いた時間はキャンプ地で練習しまくってました。得意じゃない英語だけど、自分の言葉になるまで練習してみんなに伝えたい・・・込み上げる想いと不安が交差する時間が本当に長く感じました。

I’m a Wonder Woman and Community Passionate Contributor

最近私がコミュニティ活動を行う上で自分のことを人にこう伝えてます。「I’m a Wonder Woman and Community Passionate Contributor」
全く浸透しませんが、自分的にはすっきりしてるので良しとしてます。
私は特別な人間でも何でもないけど、コミュニティに対する熱量や愛は自信を持って伝えてます。これらのコミュニティ活動を通じて、より社会や人々との関わりが豊かになり、国や性別を超えて一つになることを夢見ています。パワフルな自分でありつつも関わるみなさんに心から対話をしたいと思いこのような二つ名を名乗るようになりました。こういった自分自身を問うきっかけも今回のスピーチがあったからかもしれません。
そして、大好きな周りのみんなのおかげで私は日本代表でスピーチができることを感謝し、ライブ気分で壇上に上がって行きました。
▼その時の内容はこちら
https://speakerdeck.com/hiroramos4/re-invent2018-re-cap
1枚スライド、5~7分スピーチ。非常に勉強になりました。

次へのスタート

旅に出たからといって何かが変わるものではないけど、新しいことを体験し、さらにそれを活かしてこそまた新しい景色が見える・・・今回の経験は、ラスベガスの空気を感じ、re:Inventを感じ、そこに関係する人々の言葉を感じ、新しい関係性は生まれそれらが次の目標に対して非常に有効的な時間になりました。
さっ!次はシンガポール!ミートアップオンラインマラソンだ!

Translate »